HP Directplus -HP公式オンラインストア-

翻訳支援ツール「PCOT」について

PCOTとは

個人的に利用させていただいている

翻訳支援ツールです。

ページはこちら

英語ゲームをプレイするときに日本語に翻訳できるソフトです。

capture2textよりも使い勝手はいい、と個人的には感じています!

 

使い方は簡単!

ゲーム画面の翻訳したい箇所を範囲指定して

取り込むだけ!

PCOT単体でもいいですが、

DeepLと連携してより自然な訳文でゲームプレイをすることも可能です!

 

上記ページよりPCOTをダウンロード

解凍したフォルダにPCOT.exeがあるので起動します。

と、こんな画面が出てきます。

chroniconやほかのゲームを起動し、一覧の中にゲームがあることを確認し、

Chroniconやほかのゲームをクリックした状態で、右下の「選択」をクリック。

一覧にない場合は左下の「リスト更新」を押してみてください。

選択を押すと下の画面が出てきます。

まずはシステム設定を確認しましょう。

画面下のほうにある「システム設定」をクリック

こんな小窓が出てきます。

OCRを変更する場合はreadmeをご確認ください。

ChroniconはtesseractOCRでも問題なく読み取ってくれています。

・翻訳範囲選択時に対象プロセスのスレッドを停止

こちらはチェックを入れておいたほうがいいと思います。

アイテムやスキルなど、マウスを乗せているときにだけ説明がポップアップする項目を

表示したまま翻訳範囲の指定ができる、というもののはずです。

これが原因でゲームが強制終了したり

例えばPoEなどのオンライン必須ゲームだと

チート行為をしているのでは、と疑われ、最悪アカウントBANになってしまう可能性もあります。

あくまでも利用は個人責任です。

問題が発生しても、私やPCOT作者様も責任は取れません。

 

で、DeepLはインストールしていたほうが、より自然な翻訳になります。

私は入れているので、DeepLと連携、自動的にDeepLを起動、どちらにもチェックを入れています。

ショートカット設定

Chroniconではフリー選択の項目を主に使います。

アイテムやスキルは場所が固定されて出てくるものではないので、

フリー選択が使い勝手がいいですね。

NPCのセリフなどが固定された枠に表示される、

というゲームであれば、固定翻訳1などを活用すれば

より快適にゲームプレイが出来ますね!

ショートカット設定は特に触ることはなかったので、閉じます。

システム設定は、変更箇所があれば確定をクリックし、閉じます。

 

Chronicon側の設定

FullscreenではPCOTは上手に働きません。

恐らく、画面がびよーん、と伸びていくような

謎の挙動が発生します。

なので、Windowsモードでchroniconを起動しましょう。

Windowsサイズは1280×720でも問題なく読み取ってくれますね!

 

使い方

chroniconで翻訳したい文章を表示させた状態

アイテムやスキルはマウスを乗せた状態

でフリー選択のショートカットを入力

ctrl+Shift+F

画面が暗くなるので、翻訳したい文章をマウスで囲み、クリック

するとPCOT画面とDeepL画面が前面に出てきます。

数字やピリオド(.)の読み込みが苦手

改行を自動的にしてしまう

のでDeepLの上の英文を少し修正してあげれば

下の日本語訳もきれいになります。

少し動画にしてみましたのでご覧ください。

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。